SYNTH 2006

咲-Saki-が好き 安穏と生きたい、穏憧と生きたい。

はじめに
先日、咲-Saki-本編の眼鏡の屈折にまつわる記事を作成しました。
その際に、阿知賀編、シノハユ、咲日和も確認しましたが屈折は見られませんでした。

これでは残念ながら私の大好きな阿知賀編で視力を調べる手段が…… 

ありました 

阿知賀編2巻209ページのこちらのシーン、憧ちゃんがハルちゃんとトシさんの顔を確認するために目を細めていますね
0152b08c72f533dd064a1157883fe7652054016a6e
目を細めることでハルちゃんとトシさんの顔がようやく認識できるギリギリの距離なのでしょう。

今回はこのページを元に憧ちゃんの視力が測定できるのでは?と思い立った次第です。

※酷くザックリとした計算なので今回の記事の数値はあくまで参考程度にお考え下さい

 
検証
視力測定の方法としては、遠くからC字の輪っか(以降ランドルト環)を見て測定する方法を誰もが思いつくと思います、今回もこの方法が応用できるはずです。

視力 - Wikipedia
視力1.0の基準はなに?(株式会社ニデック)

調べてみると、どうやら
5m離れた場所から約7.5mmのランドルト環の切れ目を認識できると視力が1.0となり、視力の数値は、距離やランドルト環の大きさと比例していくようです。
例えば、ランドルト環を3.75mmにしたり、距離を10mで認識出来れば視力は2.0となります
 
今回、憧ちゃんの視力を調べるためには
・憧ちゃんからハルちゃん&トシさんの距離
・ハルちゃんorトシさんの顔のサイズ

を知りたいわけですね


実測
というわけでまずは現地に立ちます。
0152b08c72f533dd064a1157883fe7652054016a6e2
0124eae1971c5ffc79773b809b298fc776578c1677_00001
日比谷公会堂、ここに憧ちゃんを感じる(夜に来るべきだったような……)

このハル&トシが歩いていた距離までは歩測によると約10m、意外と近いですね。
紙面を通して見ると距離感が変わるものでしょうし作画の都合もあるでしょう、えてしてそういうものなのですね。

続いてハルちゃんの顔のサイズを測りましょう。
こちらはハルちゃんの立ち絵に定規を当て実測、身長174cmから割り出された顔のサイズは約27cmでした。

10mの距離で270mmのハルエフェイスをようやく認識できる目というわけですね
 
5mの距離で7.5mmの物体を認識できて視力1.0なのでこの場合は0.0555555…

とても拙い単純計算ですが
およそ視力0.05ということになります 
非常に悪い!


本気にしないでくださいね
しかし、この検証は問題点だらけでとても審らかとは言い難いものです。
検証に使った日比谷公園の条件だけ見ても
・夜の日比谷公園は非常に暗い
・対象物が動いていた
・視力測定はランドルト環の直径ではなく切れ目の長さで測るのでは?
・そもそもハルちゃんの顔はランドルト環じゃねえ!

・それにアニメでは目を細めていません
スナップショット-2015-10-13 at 07_47_53 PM-24045

ちなみに私の裸眼視力はおよそ0.2ですが、この視力でも10m先の顔の確認は難しいですね。
うん、憧ちゃんさすがに視力0.05では無いですね。
逆にシズが良過ぎるんだ
五十嵐あぐり先生作画の揚げ足をとるような事を言い出してしまい、ちょっと後悔……

しかしながら視力0.7未満の可能性はありそうですね
視力0.7未満というと、教室の後ろの方では黒板が見辛いでしょう、車の免許公布時に矯正が必要になるラインでもあります。

そう、前向きに考えるんだ……眼鏡をかけた憧ちゃんという可能性を…… 

気付き 
ふと咲-Saki-13巻を読み返していた際にあることに気づきました
07
おもちに見惚れるのも無理はないと思いますが、ここは眼鏡に注目してみるとレンズの屈折によって頬が内側に描かれているというのがわかります。
20
レンズによる屈折、よく見ると指まで屈折してます。なんて細かい拘りなんでしょう

 数多あるマンガの中でもこの表現が施されている作品は少ないですね(私は初めて知ったほどです)

小林立先生が眼鏡に大きな拘りをおもちなのは感じていましたが、これには大変驚きました。

一体いつからこういった表現が施されていたか眼鏡の屈折表現に着目しながら1巻から読み返してみました

 
調べてみた
以下、屈折表現が見られた箇所とキャラクターの羅列

1巻 104頁 西田順子

107頁 西田順子
序盤の短期集中連載期間中では屈折表現は見られませんでした、それにしても西田さん近視強い!
04
ていうか初めての屈折表現が西田さん、あなたなのか。

2巻 15頁  西田順子

24頁 沢村智紀

115頁 西田順子

125頁 沢村智紀
ともきーも近視が強いみたいです。 

3巻 21頁 沢村智紀

33頁 沢村智紀

75頁 田中舞
4巻 191頁 沢村智紀

193頁 沢村智紀

198頁 沢村智紀
5巻 21頁 西田順子

23頁 西田順子

31頁 西田順子

35頁 西田順子
6巻 151頁 染谷まこ
7巻 29頁 沢村智紀

35頁 西田順子
20ページ、21ページの見開きでは眼鏡キャラ4人が揃い立ちにも関わらず、屈折表現が見られたのはともきーだけでした。
なんだか、あからさまにキャラクターが偏っているのがわかります、6巻にして初めてまこに屈折表現が見られました。

8巻 50頁 染谷まこ

71頁 染谷まこ

74頁 染谷まこ

105頁 沢村智紀

108頁 内木一太

129頁 愛宕絹恵
9巻 111頁 染谷まこ

135頁 愛宕絹恵
全国編が始まりました、絹ちゃんが特に近視お強いようですね

10巻 9頁 愛宕絹恵 

13頁 愛宕絹恵

14頁 愛宕絹恵

23頁 臼沢塞

30頁 臼沢塞

31頁 臼沢塞

42頁 愛宕絹恵

48頁 愛宕絹恵

48頁 臼沢塞

49頁 臼沢塞
なんと塞さんのモノクルにも度が入っています。
30

モノクルは普通、老眼鏡として使うものですが、これには近視用の度数が入っていますね(老眼鏡および遠視の度数なら頬の外側に屈折するはずですが、頬の内側に屈折していますね)
……強度近視の人が使う老眼鏡も内側に屈折するレンズです……その可能性もあるか……

11巻 
特になし
12巻 162頁 染谷まこ

167頁 染谷まこ

168頁 染谷まこ

170頁 染谷まこ

172頁 染谷まこの祖父

177頁 染谷まこ

179頁 染谷まこ

181頁 染谷まこ

182頁 染谷まこ

189頁 染谷まこ

190頁 染谷まこ

196頁 染谷まこ
サトハ先生の対局がこのあたりです。が、屈折が見られませんでした。
逆にまこは視力の低下に触れるエピソードのためか、やたらと屈折が見られますね。

13巻 171頁 真屋由暉子

173頁 真屋由暉子

195頁 真屋由暉子
14巻 5頁 真屋由暉子

7頁 真屋由暉子

8頁 真屋由暉子

47頁 船久保浩子

64頁 愛宕絹恵

65頁 愛宕絹恵

71頁 染谷まこ

88頁 愛宕絹恵

153頁 愛宕絹恵

154頁 愛宕絹恵

156頁 愛宕絹恵

158頁 愛宕絹恵

164頁 愛宕絹恵

167頁 愛宕絹恵

169頁 愛宕絹恵

178頁 愛宕絹恵

180頁 愛宕絹恵

182頁 愛宕絹恵

184頁 愛宕絹恵

186頁 染谷まこ
屈折が見られるのは、もはやお馴染みの面々ですね

以上、14巻までで73ページが該当しました。多いよ!
抜けがあるかも知れないけどスルーで……
 
それにしても初期から施されていた表現に129話でようやく気付くなんてもう少し意識を高めて読んでいきたいですね。

調べてみて
屈折表現の多いキャラクターでも、すべてのコマで表現が見られたわけではありません、結局のところ小林立先生次第なのでしょう。

が、登場が多いにも関わらず一切の屈折表現が見られないキャラクターが複数人存在します。

吉留未春さん
辻垣内智葉さん

などがそうです。

みはるんは去年眼鏡を買ったばかりです(14巻キャラクター表及び1期アニメ特典ピクチャードラマ参照)
サトハ先生は普段裸眼で過ごしているので眼鏡の度数が強くないのでは、と予想できます。 
逆に、よく屈折表現が施されているキャラは眼鏡の度数が強いということに、それってすなわち

小林立先生はキャラクターの視力までも設定しており、その設定をしっかり作画に反映させているというわけですね。

これらの点について既に気付いてた方もいらっしゃると思いますし、もしかして既に常識だった可能性もあって、すこし怖いですが自分で気付くというのは気分のいいものですね。
今後、気が向いたらキャラクターの具体的な視力とかも調べてみたいです。

それにしてもこうして一気に読み返してみると咲-Saki-ってホントに面白いなあと強く再確認です。

このページのトップヘ